エックスサーバーを使ってTwitter botを作ろう【Part1】

今回から複数回に渡りエックスサーバーを使ってTwitter bot(以降bot)を作成する方法をお伝えしていきます。

Twitterをやっている方はご存知だと思いますが、自動的にTwitter上に特定の文章を流すことができるプログラムのことをbotと呼びます。

自分で作ってみて失敗したポイントも書きますので、参考にしてみてください。

Twitter開発用アカウントを作成しよう

botを作成するためにはTwitterの開発用のアカウントを作成しましょう。
まずはTwitter Developers(https://dev.twitter.com/)を 開きます。

bot登録

Twitterにログインしたままなら既にログイン状態になっていると思います。

bot登録2

下の方にあるManage Your Appsをクリックします。

botを作るためにはここで発行される 4つのKEYが必要となります。

bot登録3

Create New Appをクリックして始めましょう。

bot登録4

上の画面が出てきたと思います。
印の部分は必須項目ですので入力していきます。

それぞれの項目の説明

【Name】
アプリケーションの名前です。
分かりやすい名前をつけておきましょう。

【Description】
アプリケーションの説明を入力します。

【Website】
持っているオウンドメディアのURLを入力します。
オウンドメディアとはブログやホームページのことです。

入力できたら下へスクロールしていき

bot登録5

規約(英語)に同意したらYes , I agreeに チェックを入れてCreate your Twitter applicationをクリックしましょう。

これでアプリケーションは完成しました。

完成しましたが、ここからが実は重要です。

bot登録6

まずはApplication Managementの Permissionsタブで、Read and Writeに チェックが入っているか確認します。

別の場所にチェックされている場合はRead and Writeにチェックを入れてください。

bot登録7

次にKeys and Access Tokensタブに移動します。
ここで再びRead and Writeになっているか確認します。

見る場所はApplication Settingsの中にある Access Levelです。

間違いなくRead and Writeになっていたら下にスクロールしていきます。

bot登録8

Create my access tokenをクリックしましょう。

そうすると、4つのKEYが発行されます。

bot登録9 bot登録10
  • Consumer Key
  • Cosumer Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

この4つのKEYはPHPを作成するのに 必要ですので忘れずに控えておきましょう。
忘れても後から確認できるので 大丈夫ですけどね。

以上でTwitter Developersで行う設定は終了です。

今回はここまで。

FEEL SO BUSINESSのメルマガに登録していただくと販売用に編集した
『エックスサーバーを使って Twitter botを作成してみよう!』
を無料で配布いたします。

メルマガの送信は不定期ですので、登録したのを忘れたころにメールが送られるかもしれません・・・

登録はこちらから → https://n-take1.com/post_lp/mail-magazine/